技術の特徴 画像認識技術 品質工学(MT法)を活用した過検出の低減※MT法:マハテノビス・タグチ メソッド

■ 下記のような例は一般的に画像から判別するのは難しく、これまでの画像認識技術では良品も不良品として検出(過検出)してしまっていた。

傷(不良品) 水垢(良品)

■ 品質工学を取り入れた当社の画像認識技術

検査員が不良を検査している時の、"普通と違う"と思った感覚を定量化(傷と水垢の識別に有効な項目の例)

定量化したデータの中から品質工学によって検査に有効な項目を抽出・分析して、検査アルゴリズムを構築、装置に実装する。

同じワークの過検出が520点→24点に激減(95.6%減)

GP→GA→MT→実装
GA・GPで生成したアルゴリズムに、更にMT法を組み合わせ、より最適化されたアルゴリズムを画像処理に実装して過検出を低減します。

新開発技術
時間相関技術応用の
塗装曲面外観画像検査

画像検査デモルーム

お客様の問題解決に
全力を尽くします。
お困りの事がある方は
ぜひ一度お問い合わせください。

0564-23-5839
お問い合わせはこちら